運動

鹿野 昭幸理学療法士・児童発達支援管理責任者

NPO法人はびりす 副代表理事
https://habilitering.com/

高校の陸上部内でのマッサージのうまさには定評があり、人の体のケアには自信があった。
母の事故をきっかけに理学療法士の道に進む。

プライベートでは二児の父。自身の子どもを取り巻く環境を見ても、今の子どもたちはあらかじめ危険を除去された環境の中で育っていることを痛感する。
子どもの発達に欠かせないのは五感の刺激。
刺激が少ない現代の環境で育てられた子どもたちが「発達したい」「刺激が欲しい」といろいろな表現方法で伝えてくることは当然だと考えている。
それゆえ、日々の療育では、全力で「遊び」尽くすことを通じて、子どもたちの欲求に応えるよう心掛けている。

「はびりす」の仲間と出会ったことで飛び込んだ小児療育の世界。
それは決してAIでは太刀打ちのできない仕事であり、そこに誇りを持っている。
そして、お子さんや親御さんが自らの力で道を切り拓き、人生をよりよく変えていく過程に携わることができることに大きな喜びを感じている。

鹿野 昭幸のコンテンツ1コンテンツ

リンク用バナーはこちら

スマイルキッズプロデュース